コース内容

1.デザイン思考とは
 1.1 厄介な問題とその解決法
 1.2 デザイン思考のステップ
 1.3 デザイン思考のマインドセット
 1.4 デザイン思考を活かす場づくり

2.ユーザーに共感する
 2.1 周囲を観察する
 2.2 関係者を把握する
 2.3 動詞に注目する
 2.4 体験談に耳を傾ける

3.機会領域と着眼点を定義する
 3.1 既存の解決策を分析する
 3.2 広い視点を獲得する
 3.3 独自の視点を言葉にまとめる
 3.4 エクストリームユーザーに注目する

4.創造的に発想する
 4.1 解決策ではなく問いを発想する
 4.2 解決策の方向性を設定する
 4.3 ヒントは他の分野から借りてくる
 4.4 独自の発想を絵にまとめる

5.試作を繰り返す
 5.1 体験を物語にする
 5.2 物語をリアルにする
 5.3 複数の試作を並行で作る
 5.4 見た目と機能のバランスをとる

6.有効性を検証する
 6.1 まずは自分たちでテストする
 6.2 最低でも5人に意見を聞く
 6.3 ユーザーを巻き込む
 6.4 フィードバックを受け入れる

7.組み合わせで理解する
 7.1 デザイン思考
 7.2 リーン開発とリーンスタートアップ
 7.3 アジャイル開発
 7.4 ビジネスモデルの構築

講師について

『エンジニアのためのデザイン思考入門』(翔泳社)の共著者である角征典が担当します。

対象者

受講人数

8名以上(4〜6名1チーム構成)

価格

2日コース:

参加人数:〜18人
70万円
参加人数:〜36人
120万円
参加人数:〜54人
170万円

1日コース(2日コースからワークを抜粋したもの):

参加人数:〜18人
40万円
参加人数:〜36人
60万円
参加人数:〜54人
90万円

過去の開催

参加者による推薦の声(抜粋)

デザイン思考のベーシックなノウハウが習得できて、プロセスの疑似体験もできるので、デザイン思考に興味ある方はオススメです!

自分のような新米エンジニアにも、仕事の現場で活かせる“気付き”と“手法”を与えて下さる講義です。

プログラマ1年生ですが、知っておいた方が絶対、為になると思います!

個人でのご参加について

不定期に公開ワークショップも開催しています。下記のURLでメールアドレスをご登録いただくと、開催時にメールで通知いたします。

http://waicrew.doorkeeper.jp/