legoscrum


昨今、アジャイルソフトウェア開発方法論「スクラム」に対する関心が高まっています。 ですが、いろんな本を読んだり座学を受けたりしても、 実際に現場に導入するときにうまくいかないことはありませんか? それには大きく2つの理由があります。

1. スクラムの裏側にある思想を学んでいないから

なんとなく流行っているから……という理由でアジャイル開発手法を採用しようとしてもうまくいきません。 テスト駆動開発や継続的インテグレーションなどの技術プラクティスを導入すれば、 ある程度まではうまくいきます。 ですが、アジャイル開発はそもそも 複雑で変化の激しい問題 に対応するための方法論です。こうした複雑な問題に対応するには、開発チームだけでなく 関係者全員 で継続的に意思決定をしていく必要があります。そのためには、 共通認識を合わせる ことが重要となるのです。

以上の理由から、まずはスクラムの背景にある思想を学んでいただくことが必要不可欠であると考えています。ここでは、スクラムの語源になった論文「The New New Product Development Game」に登場する「 ラグビーチーム 」の6つの特性を説明します。次に、それを人工的に再現する方法として、Jim Coplienの「 組織パターン 」を取り上げます。最後に、スクラムの教科書である「スクラムガイド」を参考にして、スクラムの全体像と、スクラムの役割・作成物・イベントが何のために存在しているのかを説明します。また、スクラムガイドでは触れられていない ユーザーストーリー の書き方や、 プランニングポーカー を使った見積りの方法についても説明します。

2. スクラムの全体的なプロセスを体験していないから

以上の内容は、これまでにスクラムやアジャイルの本を読んでいれば、すでに「頭では知っている」内容かもしれません。しかし、それを 実際に体験する までは、完全に理解したとは言えません。

開発者以外も巻き込んで「ラグビーチーム」を形成することがスクラムの本質となります。本ワークショップでは、プログラミングができない人でも一緒に体験できるLEGO(R)をスクラムを実体験するための教材に選んでいます。

学習できること

実施の様子

顧客としてこれから住みたい街のことを考えて、心に浮かんだ ユーザーストーリー を書き出し、街のビジョンを パッケージデザイン として模造紙に描いていきます。

legoscrum

次に、顧客と開発チームの立場を入れ替えます。そして、ボトムアップで少しずつ街を作り上げられるように、 カンバン を使って計画づくりをします。 顧客と開発チームの両方が体験できる ところがこのワークショップの特長でもあります。

legoscrum

legoscrum

スプリントが終わったら、顧客に レビュー してもらいます。LEGO(R)に慣れていない人も多いと思いますので、最初は 誰もが失敗 します。しかし、それでかまいません。複雑な問題に取り組んでいるのですから、簡単に成功できるはずがありません。

legoscrum

そこから深く 反省 (レトロスペクティブ)して、次につながるように 学習 すればいいのです。こうした「 改善マインド 」を是非身に付けてください。

legoscrum

コース内容

時間内容目的種類
1時間スクラム入門スクラムの背景にある思想を理解します座学
3.5時間LEGO®を使ったスクラムシミュレーションスクラムの全体的なプロセスをゲームを通じて体験しますワークショップ
0.5時間ふりかえり、質疑応答スクラムの疑問を解消します

実施例(外部サイト)

講師について

Masanori Kado

スクラムの教科書「スクラムガイド」、『エッセンシャルスクラム』『アジャイルレトロスペクティブズ』『Software in 30 Days』などのアジャイル開発に関する書籍、本ワークショップのマニュアル「LEGOを使ったスクラムシミュレーション」の翻訳者である角征典が担当します。

対象者

※ LEGO®を使ったワークショップ形式ですので、プログラミングの経験がない方でも参加できます。

受講人数

8人以上(4〜6名1チーム構成)

価格

参加人数:〜18人
30万円(税抜)
参加人数:〜36人
50万円(税抜)
参加人数:〜54人
70万円(税抜)

ご予算に応じて調整いたします。お問い合せください。

お問い合わせはコチラから

参加者の声


これはプロダクトオーナーと開発チームが一丸となって 良いプロダクトを実現することの楽しさと難しさの エッセンスが凝縮されているワークショップです! (角谷信太郎,『アジャイルサムライ』監訳者)


半日でスクラムのほぼ全てを、しかも楽しく!体験できるこのWS 初めての人はもちろん、ある程度実践している人にも、必らず 新鮮な気付きがピコーンとくると思います! (あまのりょー, プロジェクトファシリテーター協会副理事)


ホントに楽しい! 楽しみながらスクラムの利点と実用性を学べ、レゴで遊びながらスプリントを体験できる! (Yahoo! JAPAN スマートフォンTOP サービス マネージャー)


LEGOを使って遊びながら体験ができて楽しく学べます! (トップページ(エントリポイント)石塚勝巳)


LEGOを使ってスクラムを体験出来る! (YJアプリ担当K)


スクラムのことが分かるか分からないかは分からないけれど、 楽しいこととメンバーの結束が高まることは確実です! (Yahoo! JAPAN スタートページ 編集部 金子有司)


スクラムをLEGOを使って楽しく学べます! ただし、LEGOに熱中しすぎないように注意が必要ですw (Yahoo! JAPAN 中村)


顧客との対話を学ぶ第一歩。非エンジニア経営者はすぐ行くべし。 (スタンドファーム代表 豊吉)


ディレクターの私でもとっても楽しくスクラムを学べました! ふだんの業務で気づけなかったproblemを発見できました (あった, ミクシィディレクタ)


頭では分かっていると思っていても 実際にやってみると難しかったり 新たな気づきを得られる体験型ワークショップです!! (鈴木淳司, 東京エレクトロン ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社)


スクラムをひと通り体験できるので大満足です。とにかく楽しい! (小澤昌樹)


レゴのブロックで楽しく街づくりしながらスクラムを学べてオススメです!! (ワンダープラネット 村田知常)


半日でスクラムの実感らしきものが得られるのは素晴らしいと思います。 (hnw)


自社でいきなりスクラムを導入するのは難しいため、こうしたワークショップはすばらしいと思います! (ソーシャルゲームPG S.I)


前知識ゼロで参加させていただきました。ご説明頂いてから実践となっていたので、すごくとっつきやすかったです!なにより楽しかったです! (システムエンジニア UruruSakuya)


事前の想像以上に得られるものが大きいと感じました。 (マツモトサトシ)


実際にスクラムをやるメンバーはもちろん、POやステークホルダーの人も体験するともっと良くなると思いました! (paperboy&co. 和島史典)


技術者でない人も楽しそうに学べていた


スクラムをレゴで体験できます!チームでわいわいやりながらなので楽しいです! (ごえこ)


開発者の方がどのように日々とりくんでいるのか、営業側から理解する手助けになりました!


楽しく学べて、充実していました。チームメンバー複数人で受けることをオススメします。 (カメヤマ)


スクラムの重要なポイントを座学で学び、ワークショップで実際に体験できるのは、凝縮されてて良かった! (村田賢一郎)


スクラム導入を見当している組織はまず一度受けてみる。できれば全員。気付きにあふれた研修です。


座学も楽しいです。レゴスクラムは実際に目に見える成果を通して、スプリントを体験することができるので、スプリントのやり方を学ぶのにとても良いです。 (プロペラパンダ)


体を動かして学ぶ!そうすると頭に入ってくる気がしました。


楽しく学ぶ! 一番です。 (リーダー Name)


実際に手を動かしながらスクラムの疑似体験ができるので、本を読むより絶対的に分かりやすい。


座学が解りやすく、スクラムの概要をつかむ事が短い時間でできたと思う。


LEGOを通して、知らぬ間にスプリントの予想値の見積り方が分かるようになってくる!! (企画Wちゃん)


百聞は一見にしかず! 手を動かす体験をすることで理解につながりました。 (たくや)


実際にサービス・プロジェクトでやってみたくなりました。シミュレーションを通して学ぶことは多かったと思います。 (開発チームリーダー)


楽しくチームワークが学べます


本を読むだけではわからなかったところが、実体験を通してクリアになりました。


興味あるかないかで参加を決めてもよし。行くかどうかを一瞬でも迷えば、行くべきだと思います。 (南国のプログラマー)


知識だけではダメ。実際にやってみないと身につかない。Webや本でやり方を完全でなくても理解したら、まずやってみよう! (さとる)


会社で法人研修として実施したい。開発者だけでなく様々な職を混ぜて。 (部長 兼村光)


頭で理解してすぐ実践するのではなく、一度ワークショップで実際の流れや注意事項を体験することで、より成功に近づくと思う。


身近にアジャイルを感じれる事がとても良かったです。両方の立場に立てるので、短時間で学習できる。 (Kenta.S)


まずは体験を通して学びたいという方に最適です。 (大学教員 金城)


スクラムを通して社内コミュニケーションが活発になりそうです。


スクラムの背景から実際まで、本や文字だけの情報では得られない体験ができました


スクラムプロセスをPOも開発も体験できます! (カルチャーワークス懸田)


スクラムの考え方を楽しく学ぶことが出来ました。 (井上)


半日で集中した良い体験ができました (影浦義丈)


レゴを使っていたため、初心者でも分かりやすいです。楽しく学べます。 (重松)


「”アジャイル”ってなんか聞いたことあるけど何だろう?」とバクゼンと思っている人、体験したらかなり分かります。ぜひ体験されることをオススメします。 (見習いスクラムマスター上田和享)


何回も繰り返す中で自分でも理解できている実感ありました。 (さいき)


SCRUMだけでなく、チームワークやPDCAに課題をかかえている方々にもすすめられるセミナーだと思います。 (船越辰弥)


プロダクトオーナーが認めてくれるものを作ることは、自分が作りたいものを作ることとは違うことを実体験できました。 (村田賢太)


スクラムの一通りのプロセスを体験できるのは、本を読むよりも大きな力になります。 (ハヤシ)


ほぼフルセットのスクラムを一日で出来るのが良い体験でした。全員が手を動かせるのはいいですね (めいどの人)


半日かけて何度もイテレーションを体験できる実践型教育でした! (西川茂伸@shishi4tw)


アジャイル、スクラムをどうやっていこう、と思ったら来たらいいと思います。 (後藤佑輔)


実際に手を動かすので、どういう流れでスクラムが行われるかが体験できます。 (K.)


「アジャイルとは」「スクラムとは」の入門編として1番理解しやすい研修です。 (リーダのアジャ)


研修に対するイメージが変わります! (中島裕耶)


楽しみながら体験出来るのは、アジャイル開発のコンセプトにも一致していると思います。ぜひ一度体験してみて下さい。アジャイルのことが良くわかります。 (SE・T)


悩んでケンアクになりそうな研修がレゴのおかげで楽しくできました。 (さくらケーシーエス フジモト)


知識0からでも短時間でアジャイル開発が理解出来ました。 (匿名)


童心に戻りながら勉強が出来る! (真鍋@KCS)


LEGOで楽しみながらスクラムを学べます! (伊東)


レゴで遊んでいると知らぬまにタイムマネージメントが学べます! (樽谷)


書籍だけでは理解の難しい部分も理解できます。 (0x2281)


スクラムのプラクティスをひと通り半日で体験できます。エンジニアに限らずぜひ受けてみて下さい。 (曽根)


半日でスクラムが体験できる『楽しい』ワークショップです。 (てらひで)


久々に頭がシュワ〜ってなりました。スクラム凄い! (カンノトモノリ@東大新領域)


要求を出す側と出される側を両方体験できます。 (shu)


座学の大変素晴しかったです!もちろんLEGOによる実践も良かった!イキイキと学ぶことができます。 (紺野祐介)


頭も体も疲れました。満足感大きいです! (maeda)


チームで働く楽しさを実感! (@Posaune from 京都アジャイル勉強会)


エンジニアさんじゃなくても大丈夫!ちゃんと学べました。 (カシマ)


スクラムに興味さえあれば不器用でも楽しめます (万年美術が「2」だったスクラムマスター)


日々改善して行く事を楽しみながらできそうだと思った。 (ミヨシ)


とにかく楽しい!! 楽しみながら、チームの共働とスクラムフレームワークを学べる (@u1r_red)


実際に手を使ってのセミナーなので、実践にもっていきやすいのではと思います。 情報のオープン性も心地よいです。 (某メーカーシステム開発部マネージャー)


座学だけの講座ではないのでおもしろかったです! (サカナカ)


レゴが出来なくても大丈夫。楽しくスクラムを体験できます。 井内


半日でScrumが大事にしていることを体感することができます! (サトウ)


楽しく学習出来ます!! オクヤマ(会社員)


座学だけではわかったつもりになっていましたが、 実際にやってみると思った通りにはいかないことが実感できました。 (@t_oginogin)


初心者が、アジャイルの世界を体験するのに最適です。 (永田明)


いきいきとしたチームが良いプロダクトを作る。 それをしっかり理解できるのが素晴しい。 (原田騎郎)


初めて顔を合せギクシャクした参加者が、スプリントをくり返すたびにチームとしての力が上がり、それに合わせて品質が高くなっていくのが実感できるとても楽しいワークショップです。 ((株)エリジオン 内山滋)


楽しくスクラムが理解できました!! (平原)


本で学ぶだけでなく、実際に手を動かすとよくわかります (TATSUO SATO)


スクラムの全てを体験できる。 スクラム講習がオリジナルに近いのが良かった。 (wsfjp)


LEGOを通してスクラムについて楽しみながら学べてよかったです。 (Webエンジニア サイトウ)


書籍の理解からさらに体験によって、理解の浸透が進みました。 (篠田健)


体験することで書籍で読んだだけでは得られないものを学べます! (佐久間 (株)万葉)


チームの中での自分の動き方・チームの成長を短時間で感じることができました! (櫻井達生)


もう1度やってみたい!! (ナミキ)


書籍ではただ「学ぶ」用語・手法も実践すれば楽しく「身につく」。 (@shokolateday)


スクラムによって、不確実要素だらけのプロジェクトにも取り組めること、継続的に改善できることを実体験として学べる。 (認定スクラムマスター いろ)


半日とても良い感じのチームと、やり方でワークショップを出来て、普段の仕事でもこんなチームで働きたいと思いました。又、アジャイルやスクラムが好きな人の目指すチームを体感出来て、今まで良く理解出来てなかった事が腹落ちできました。 (西澤伊織)


チーム開発に楽しく取り組めるようになります。とても良かったです。 (田中満 (株)キートス)


楽しくスクラム開発を体験できます! (栗原哲也)


理想的なスクラム開発を体験できました。 ぜひ職場で実践したいと思います。 (大手家電メーカー 組み込みエンジニア)


スクラムもレゴも全く知らない状態でも楽しく参加できます。 (@shindo200)


実際に手を動かしながら、スプリントを繰り返すので、スクラムの効果を良い、悪い面含めて体験できた。 (@koyo_take)


顧客の満足度がダイレクトに把握できた実感がありました。 よい手法を学ばせていただきました。 (大学院生 国分佑樹)


知識として「なんとなく」理解していたことが、プログラムを通して「具体的に」実感できる。どんな人にもオススメできるプログラムです。 (@suwakow)


これからスクラムを始めたい人/職場は、みんな受けると良いと感じました! (齋藤翔)


レゴという素材が、解決方法の考え方の広さになっていると思います。 (藤原幸則)


誰でも出来るLEGOを使ってのスクラムワークショップ! ソフトウェアに関わる全ての人が受講すべき!! (今井智和/@bobbyjam99)


初めはきんちょうしましたが、最後には笑いながら楽しい雰囲気の中、学べます。 (斉藤英樹)


スクラムを体系的に学ぶよい機会! (@kozy4324)


方法論のひとつでしかないと考えていましたが、 スクラムで失敗から自然に学べる事が楽しかったです。 (松井望)


楽しくスクラムを体験出来ました。 (T.K.)


POに聞いて要求をハッキリさせることの重要性がわかった (イケガミ)


アジャイルやスクラムの本を自分なりにいろいろ読んで勉強して理解しつつある つもりでしたが、レゴという適度な複雑さをもった制作をすることで、「ハッ」 と体感的にわかる瞬間がたくさんありました。 (@kentaro)


スクラムの全てを簡易的に体験できておすすめです (平田将久)


チーム開発の楽しさを体験できます! (s-yano)


開発者、デザイナなど作り出す人々だけでなく、 セールス、ディレクター、プロデューサーなど いっしょに事業を、製品を、サービスを つくりあげる仲間と受講するといいですね (こしばとしあき, @bash0C7)


何から始めればいいのか、わからなかったら来てみるといいと思います。 (鈴木将史)


スクラムのエッセンスをわずか半日で学習できる素晴らしい研修です! (高井直人)


スクラム本を読むだけではわからないニュアンスが学べました。 実際に手を動かす価値は高く、価格は妥当だと思います。 (KENSUKE NAGAE)


スプリントの疾走感が味わえます。 (yancya)


普段のしごとの反省点、改善点が凝縮して体験出来る! まさに黄金体験!!! (ヨシオリ)


この体験をできるだけ多くの人にしてもらい、現場の共通言語 のようになれば良いチームができて、伝説を作れると思います!! (ST)


スクラムとはどういうものなのか、から実践までを短時間で効率よく学ぶことができました。 レゴを使って実際に手を動かしてシミュレーションを行うことによって、ただ知らなかったことを知るだけにとどまらず、自分のチームにもしスクラムを導入した場合にもたらされる効果や、起きるかもしれない問題などを想定することもできました。 (@machida 合同会社フィヨルド デザイナー)


スクラムの流れを実際に手を動かしながら学べるワークショップです。 普段のロール以外も経験でき気付きが多くてオススメです! (@chiastolite)


スクラムがまるっと味わえます、それこそ実践以上に。 (@garden_tree)


プロダクトオーナーにとっては、プログラミングをしなくても開発プロセスをイメージしやすい 開発者にとっては、要求の決め方の難しさと受け入れの判断について理解ができる 楽しくワイワイやりながらスクラムのプロセスが学べて有意義だと思います! (@mytk)


“カイゼン”の重要性に気づかされました。 (チバ, エンジニア)


スクラムマスターのありがたみを実感できる。 (A.K, SE女)


初めてのスクラムでしたが、 プロダクトオーナーとの認識合わせの大切さや、 見積りの難しさなどが学べました。 (伊藤考浩)


プロダクトオーナーと話すことの 大切さが分かる。 (@sandinist)


POの気持ち、開発者の気持ち両方を 痛いほど味わえました。 (オム子(@irasally), 札幌市在住)


プロダクトオーナーとどのようにコミュニケーションすれば プロジェクトが成功するか体験できる (渡辺修司, Javaプログラマ)


実際のプロジェクトで出くわしそうな 混乱とカイゼンの嵐があなたを襲う!! (山本剛)


アジャイルの基本的な流れのなかで、 POとメンバーの意識合わせについての 重要性を学ぶことができて良かった。 (長谷川 真裕)


レゴワークショップは、ソフトウェア開発の エッセンスが凝縮されている。 顧客のあいまいな要求、開発メンバーの認識のズレを体感することになる。 (曽根秀明)


本を読んだだけでは「アジャイルとは何か?」が頭に入ってきませんでしたが、 今回のシミュレーションを通じて、なんとなく実感を得られた気がします。 (吉澤政洋, @muziyoshiz)


仕事上だと時間のかかる体験を、短い時間で体験することができました。 (長南雅也)


実際に手を動かして体験する事で、起こる問題や 改善点を知る事ができると思います。 (D.F エンジニア)


今すぐ、明日からチームが良くなる! (くま)


スクラムの説明とレゴのプラクティスとのつながりがすごく分かりやすかったです。 (倉林)


あわせて受けたい

個人でのご参加について

不定期に公開ワークショップも開催しています。下記のURLでメールアドレスをご登録いただくと、開催時にメールで通知いたします。

http://waicrew.doorkeeper.jp/

お問い合わせはコチラから