legoscrum


昨今、アジャイルソフトウェア開発方法論「スクラム」に対する関心が高まっています。 ですが、いろんな本を読んだり座学を受けたりしても、 実際に現場に導入するときにうまくいかないことはありませんか? それには大きく2つの理由があります。

1. スクラムの裏側にある思想を学んでいないから

なんとなく流行っているから……という理由でアジャイル開発手法を採用しようとしてもうまくいきません。 テスト駆動開発や継続的インテグレーションなどの技術プラクティスを導入すれば、 ある程度まではうまくいきます。 ですが、アジャイル開発はそもそも 複雑で変化の激しい問題 に対応するための方法論です。こうした複雑な問題に対応するには、開発チームだけでなく 関係者全員 で継続的に意思決定をしていく必要があります。そのためには、 共通認識を合わせる ことが重要となるのです。

以上の理由から、まずはスクラムの背景にある思想を学んでいただくことが必要不可欠であると考えています。ここでは、スクラムの語源になった論文「The New New Product Development Game」に登場する「 ラグビーチーム 」の6つの特性を説明します。次に、それを人工的に再現する方法として、Jim Coplienの「 組織パターン 」を取り上げます。最後に、スクラムの教科書である「スクラムガイド」を参考にして、スクラムの全体像と、スクラムの役割・作成物・イベントが何のために存在しているのかを説明します。また、スクラムガイドでは触れられていない ユーザーストーリー の書き方や、 プランニングポーカー を使った見積りの方法についても説明します。

2. スクラムの全体的なプロセスを体験していないから

以上の内容は、これまでにスクラムやアジャイルの本を読んでいれば、すでに「頭では知っている」内容かもしれません。しかし、それを 実際に体験する までは、完全に理解したとは言えません。

開発者以外も巻き込んで「ラグビーチーム」を形成することがスクラムの本質となります。本ワークショップでは、プログラミングができない人でも一緒に体験できるLEGO(R)をスクラムを実体験するための教材に選んでいます。

学習できること

実施の様子

顧客としてこれから住みたい街のことを考えて、心に浮かんだ ユーザーストーリー を書き出し、街のビジョンを パッケージデザイン として模造紙に描いていきます。

legoscrum

次に、顧客と開発チームの立場を入れ替えます。そして、ボトムアップで少しずつ街を作り上げられるように、 カンバン を使って計画づくりをします。 顧客と開発チームの両方が体験できる ところがこのワークショップの特長でもあります。

legoscrum

legoscrum

スプリントが終わったら、顧客に レビュー してもらいます。LEGO(R)に慣れていない人も多いと思いますので、最初は 誰もが失敗 します。しかし、それでかまいません。複雑な問題に取り組んでいるのですから、簡単に成功できるはずがありません。

legoscrum

そこから深く 反省 (レトロスペクティブ)して、次につながるように 学習 すればいいのです。こうした「 改善マインド 」を是非身に付けてください。

legoscrum

コース内容

時間内容目的種類
1時間スクラム入門スクラムの背景にある思想を理解します座学
3.5時間LEGO®を使ったスクラムシミュレーションスクラムの全体的なプロセスをゲームを通じて体験しますワークショップ
0.5時間ふりかえり、質疑応答スクラムの疑問を解消します

参加者の声(外部サイト)

講師について

Masanori Kado

スクラムの教科書「スクラムガイド」、『エッセンシャルスクラム』『アジャイルレトロスペクティブズ』『Software in 30 Days』などのアジャイル開発に関する書籍、本ワークショップのマニュアル「LEGOを使ったスクラムシミュレーション」の翻訳者である角征典が担当します。

対象者

※ LEGO®を使ったワークショップ形式ですので、プログラミングの経験がない方でも参加できます。

受講人数

8人以上(4〜6名1チーム構成)

価格

参加人数:〜18人
30万円
参加人数:〜36人
50万円
参加人数:〜54人
70万円

参加者による推薦の声

これはプロダクトオーナーと開発チームが一丸となって 良いプロダクトを実現することの楽しさと難しさの エッセンスが凝縮されているワークショップです! (角谷信太郎,『アジャイルサムライ』監訳者)


半日でスクラムのほぼ全てを、しかも楽しく!体験できるこのWS 初めての人はもちろん、ある程度実践している人にも、必らず 新鮮な気付きがピコーンとくると思います! (あまのりょー, プロジェクトファシリテーター協会副理事)


顧客との対話を学ぶ第一歩。非エンジニア経営者はすぐ行くべし。 (スタンドファーム代表 豊吉)

もっと推薦の言葉を見る


あわせて受けたい

個人でのご参加について

不定期に公開ワークショップも開催しています。下記のURLでメールアドレスをご登録いただくと、開催時にメールで通知いたします。

http://waicrew.doorkeeper.jp/

お問い合わせはコチラから