スクラムの生みの親である Jeff Sutherland に「スクラムマスターは開発メンバーになれるのか?」と質問をしてみました。(2012-12-09)

「スクラムガイド」に載ってないんだったら、ウォマック博士の『リーン生産方式が、世界の自動車産業をこう変える。』にあるかもしれないね。チーム形成について説明してある。後にスクラムの祖父である野中・竹内が観察したものだ。

大野耐一はフォードに学んで、生産ラインの膨大なムダに気づいた。そして、専門職を外して、機能横断的なチームを作り上げた。チームリーダーというのは、チームのあらゆる仕事ができるメンバーだ。これがスクラムマスターの原型でもある。

私は、野中・竹内のアイデアを使ってスクラムを作った。私のスクラムチームもそうだ。20年間スクラムマスターを見てきたけど、みんな自分でスプリントバックログをバーンダウンさせている。どれも超生産性の高いチームだ。

ただ、勘違いしないで欲しい。スプリントバックログに貢献しない偉大なスクラムマスターというのもいる。最近、ボストンの会社から「最高のスクラムマスターを雇った」という話を聞いた。彼女は元音楽ディレクターで、ソフトウェアのことは何も知らないそうだ。それでも、どのスクラムマスターよりもはるかにチームをまとめるのがうまいという話だ。

http://www.quora.com/Scrum/Can-scrum-master-be-one-of-development-team-members/comment/233021

kdmsnr

角征典(かど まさのり)@kdmsnr

ワイクル株式会社 代表取締役、 東京工業大学環境・社会理工学院 特任講師

アジャイル開発とリーンスタートアップの手法を用いた開発組織のコンサルティングに従事。 支援先は、情報通信業、製造業、卸売業、金融業、不動産業、飲食店、小売業、広告業、教育・学習支援業など多数。 大学では、起業家育成プログラムにおいてデザイン思考およびエンジニアリングデザインプロジェクトの講義を担当。

また、翻訳者として、アジャイル開発、リーンスタートアップ、組織変革、チームビルディング、プログラミングに関する書籍の翻訳を数多く手がけている。なかでも『リーダブルコード』(オライリー・ジャパン)は、2015年時点で累計発行部数5万部を突破している。


以下の分野について、何かお困りのことがありましたら、お気軽にお声がけください。

  • アジャイル開発/現場改善
  • リーンスタートアップ/新規事業
  • チームづくり/組織変革

専門書を数多く出版しており、導入実績も多数あります。