顧客インタビュー編とは

Ash Maurya著『Running Lean―実践リーンスタートアップ』(オライリー・ジャパン)に登場するリーンキャンバスを 建物の外に出て 検証するワークショップです。

『Running Lean―実践リーンスタートアップ』とは

『リーン・スタートアップ』(日経BP)で有名なエリック・リースがキュレーションを務める「リーンシリーズ」の第1弾の書籍が『Running Lean―実践リーンスタートアップ』です。リーンスタートアップのマネジメント手法を現場で活用するための「実践ガイド」です。

エリック・リースによるまえがきを引用します。

『Running Lean』は、成功率を上げたい起業家向けのハンドブックです。哲学の本ではありません。おもしろい話を集めた本でもありません。スタートアップを作る実践で培った手法を詳細に解説した本です。

研修内容

リーンキャンバス編」でリーンキャンバスが作成されていることを前提とします。

3時間を目安にしています。

講師について

Masanori Kado

『Running Lean――実践リーンスタートアップ』や『Lean Analytics―スタートアップのためのデータ解析と活用法』の翻訳者である角征典(@kdmsnr)が担当します。

対象者

受講人数

8名〜(5〜6名で1チーム)

価格

参加人数価格(税抜)
16人18万円
32人30万円
48人42万円
64人54万円

ご予算に応じて調整いたします。お問い合せください。

お問い合わせはコチラから


参加者の声

思った以上に期待の回答は得られないものなんだと思いました。 効果的なインタビューや、どのぐらいの回答を得られた時に 「これはいける!」と思えるのか等、奥が深いだろうなあ……と思いました。 ――北海道日本電気ソフトウェア(株)田坂睦子


内気なエンジニアには「建物の外」に踏み出す最初の一歩かも。 ――ダッピスタジオ川人


顧客インタビューをすることで、会社内にこもってアイディアを詰め続けることが、 いかに無駄なことかが体験できます。 最初のプランはうまくいきません。 まずは外に出ましょう。 ――株式会社エスプランニング マネージャ 瀬戸田慎一


Get Out Of the Building! を身体で学べます。 [email protected]


[email protected][email protected]した。いきなりはムリ!! まず研修で練習できて良かったです。


インタビューをすることで思い込みや別な視点がみえてきました。 質問のコツが少しわかった気がします。


ユーザーヒアリングが苦手な人にとっては、顧客インタビューのプロセスがわかりやすく、なじみやすい。 ――通信会社 主査 TK


仮説がインタビューを通してすぐに的外れであることを検証できて、またすぐ見なおして……を体験できたのがよかった。 ――hiro


実際にその辺にいた人にインタビューを行います。度胸がつきます。意外に好意的にインタビューに応じてくれることを発見できました。 [email protected]_take


インタビューにより、リーンキャンバスが更に良い物となり、MVPができあがっていく過程が面白い。 [email protected]


インタビューして来い!そう言われて焦った私ですが、リーンキャンバスでインタビューが出来ました! ――高倉裕介


お問い合わせはコチラから