一般財団法人日本科学技術連盟主催の「ソフトウェア品質シンポジウム2018」の併設チュートリアルにおいて「エンジニアのためのデザイン思考入門」を実施しました。

大学ならば15コマでやっているところをわずか4時間に詰め込むという無謀な研修ではありましたが……幸いなことに、22名もの方にご参加いただくことができました。ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

参加者の声(抜粋)

  • チュートリアル開始直後の演習はグループメンバーとフレンドリーになれて良かったです。
  • グループでワークするのはデザイン思考の特性を感じられて良かったです。
  • 普段と違うことするのがポイントという点、デザイン思考がどのようなものか、だいたいのイメージをつかめました。
  • デザイン思考のキーワードがわかった点が最大の収穫でした。
  • ユーザー中心がどういうことか体感できました。
  • 大企業においてイノベーションが育たない理由の一端がわかった気がします。
  • ワーク中心で持ちかえって取り入れられそうです。
  • 演習で、当たり前のテーマからもこれだけ違う視点を得られました。