3/11に「Running Lean入門ワークショップ」の社員研修で某メーカーにお邪魔してきました。

事前にFacebookイベントで社内の参加者を募っていたのも新鮮でしたが(大企業なので社員同士で知らない人もいるそうです)、研修終了後にどこからともなく銅鑼が登場して、社員さんたちがライトニングトークスを始めたのには大変驚きました(ちゃんと銅鑼娘もいました!)。

しかも11人という「日本の正式なライトニングトークス」です(あとで知りましたが「日本のライトニングトークスの祖」がいらっしゃいました……というと会社名がバレますかね)。テーマは研修に合わせて「リーン(スタートアップ)」についてでしたが、現在開発中のアプリで苦労した話やアメリカで学んだデザイン思考の話など、どれも本当に楽しいトークでした。

社員研修に行って、こんなに楽しい思いをしたのは初めてです。

懇親会では「仕事の進め方を改善したい」という話を何度も耳にしましたが、あんなにすごいライトニングトークスができる会社であれば、決して不可能なことではないと思いました。

「社員研修後にライトニングトークス」は文化として広めていきたいですね。